株式会社ベストマテリア
 
トップ > 製品・サービス > コンサルティング事業 > プラント健全性評価

M&A、資本参加のためのプラント健全性評価

M&A、資本参加のためのプラント健全性評価

 各種プラントを保有する企業のM&Aあるいは資本参加には、そのプラントの健全性を確認することが重要となります。当社は、各種プラントの安全性を確保するための保全方法としてのリスク評価を長年手がけてきました。この技術を活用して、M&Aおよび資本参加のためのプラント健全性評価をお手伝いします。
 リスクとは、「破損確率(PoF Probability of Failure)×破損による影響度(CoF)Consequence of Failure 」として定義します。
 
<提供手法>
1)保有設備の過去の運転履歴によるリスク評価
 a) PoFの算定
 設計条件、運転条件、損傷の有無、検査の有効性、各種規制(保険付与有無)、各種管理(人材教育などを含む)などの情報から、腐食、疲労などの経年的損傷劣化および予期せぬ事故の起こる確率(起こりやすさ)を評価します。
 b) CoFの算定
 破損による人的(安全)、経済的被害を算定します。

 a),およびb)の評価のための基準、チェックシート、ソフトウエアおよびコンサルティングを提供いたします。

2)高リスク設備へリスク削減の可能性評価
 1)の評価によって、許容できない高いリスク状態と判断された設備に対して、リスクを低減するための方法を提案します。リスク低減方法としては、有効な検査の実施、検査頻度の増加、破損した場合の被害縮小化策(危険検知機能の増強、飛散防止カバーの設置、予備品の確保など)を提案します。

上記に対するお問い合わせは、下記へお願いします。

株式会社 ベストマテリア
木原重光 s-kihara@b-mat.co.jp
Phone: 042-506-9641, Fax: 042-506-9642